【検証】 ラーメン Walker 福岡・九州

ラーメン Walker 福岡・九州 の情報を検証して、おすすめのラーメン屋さんをご紹介します!

北九州~大分:国道10号線を通るなら @宝来軒 中津市の人気店のルーツは博多だった

いまでもふるさと中津に帰ると必ず行くラーメン店が、「宝来軒」だ。

以外にも、博多でお気に入りのラーメン店が、中津の「宝来軒」のルーツだったことに大変驚いた。

 

中津駅 近くの日の出町商店街の路地を入ったところ仲町に本店はある。

 

私がよく行く店舗は、実家近くの産業道路沿いの宝来軒の産業道路店だ。

宝来軒本店は 1958年10月、山平政雄さん(故人)が創業した。山平さんは、福岡県朝倉市の生まれで、もともとすし職人だったが、戦後様々な仕事をする中からラーメンでの商売を思いついたという。お兄さんが、土地を持っていたという理由で縁もゆかりもない中津にしたと、山平さんの義娘、順子さんとその長男、直寛さんが西日本新聞の取材に答えている。

 

f:id:muramoto1041:20160313170421p:plain

 

政雄さんがラーメンを始めたのは、祖父の甥が博多でラーメン屋をやっていたからだという。その甥にあたるのが 、山平進さん(故人)である。戦後間もないころ、進さんは知人の津田茂さん(故人)とともに中国のスープ料理を参考に豚骨ラーメンを完成させた。

 

進さんが開店したのが「博龍軒」、

f:id:muramoto1041:20160313172347p:plain

 

津田さんが開店したのが「赤のれん」、

f:id:muramoto1041:20160313172443p:plain

 

どちらも福岡の老舗ラーメン店で博多ラーメンの源流である。

 

宝来軒のスープは「五右衛門風呂の釜」で炊いているらしい、牛骨を一番下にして豚骨と鶏ガラを加えて作る方法は「博龍軒」と同じ手法だ。

 

「博龍軒」も「赤のれん」も豚骨醤油だが、どちらも宝来軒とは醤油のバランスが違う。「宝来軒」独自の甘みのあるバランスの良いスープは、独自のスープを完成させたのだと思う。

 

麺も「博龍軒」も「赤のれん」も平打ち麺だが、宝来軒は自家製の中細めんだ。当初は宝来軒も平打ち麺だったようだが、現在はスープとの相性を考えたという自社製麺の中細めんで、ゆで時間が早くすぐにスープをすうのでラーメンが出てきたら、とにかく早く食べないとラーメンが延びてしまう。

 

f:id:muramoto1041:20160313173149p:plain

 

トッピングは、チャーシュー、ネギ、白ごま、海苔。海苔の値段がだんだん高くなったのか、昔に比べるとどんどん小さくなって、今では 3cm x 3cm の大きさで申し訳なさそうにトッピングしている。

 

博多ラーメンもテーブルに白ゴマがおいていることも「宝来軒」が白ゴマをトッピングしているルーツだったのか。

 

しかし、昔ながらの味は今でも変わりなく、私の同級生も帰省した時には必ず食べに行っているようだ。Facebookで同級生の「宝来軒」の投稿記事を見るたびに食べたくなってくる。

 

「博龍軒」も「赤のれん」も博多でお気に入りのラーメン店としてブログで紹介していたのだか、この2つのラーメン店が「宝来軒」のルーツだということを西日本新聞の「ラーメン のれんのヒストリー」で知って大変驚いた。

 

お取り寄せ

www.ny-ikik.net